エステマッサージを自分で

最近は細身の若い女性が増えましたね。

そんな女性を見るたびに「あぁ、そろそろダイエットしないといけないな・・」と思う人は多いのではないでしょうか。


私は、エステティシャンを3年程していました。

来店されるお客様のなかには「必要ないよ〜」と思わず言いたくなる細身の方もいらっしゃいました。

若い女性の多くは、彼氏のために綺麗になりたいとエステへ通います。

また、ダイエット目的ではなく自分へのご褒美にという方や、いつか出会う運命の男性に素通りされないようにという方もいます。

エステに通う目的は様々ですが、100年に1度といわれる大不況、お財布には厳しいでしょう。

でも、どんなときでも自分を高めようとする女性は素敵だと思います。

体重を落とすには食事制限や運動などで脂肪燃焼を促進します。

ただ、脂肪燃焼は筋肉量や血行の良さが影響します。

部分痩せが難しいのは、太ももや二の腕、腰周りに冷えや筋肉の衰えがあるからです。

美しいプロポーションにするためには、部分的なエクササイズやマッサージが効果的です。

エステでは、まず体を温めるためにサウナやパックなどを使いますが、自宅でもお風呂や腹巻で代用できます。

体を温めた後は、落としたい部分を柔らかくするためにマッサージをします。

マッサージは、プロにしてもらえば効率的で疲れることもありませんが、誰でもできることです。

自分で気になる箇所を5分ほど揉みます。

始めは以外と痛いですが、温かく柔らくなってきたらオッケーです。

次は、その部分に効くエクササイズをします。

ダンベルや筋トレでゆっくりと筋肉を動かし、代謝のよいボディをつくります。


ダイエットは成功したら終わりというイメージがありますが、理想の体型を維持するのに終わりはありません。

辛いダイエットをして痩せると、もう2度と食事制限も運動もしたくないと思ってしまいます。

続けなければ意味がないことなので、自分に合った習慣を無理せず身につけるのが大切です。

ただ「無理しない」と「我慢しない」は違うので気をつけましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。